佐々部清監督はクランクイン直前に格安ワイン痛飲し骨折

公開日: 更新日:

 そうしたら、宿泊先に帰る途中で転んでしまい、運悪く骨折してしまったんです。

■ドラマのおはらいは監督不在で行った

 翌朝、駆け込んだのは撮影所から直線距離にして200メートル弱の病院でした。

 担当医に「ギプスでごまかし、クランクアップ後の手術」と相談したところ、「それでも構いませんが、うまくくっつかないかも」とツレない返事。やむなく当日夕方に緊急手術し、一晩病室に泊まって翌朝11時に退院という強行スケジュールにしてもらいました。

 翌朝、本来はクランクインで7時集合でしたから、やきもきしながら4階の病室から撮影所の方を見ると、スタッフやキャストが駐車場に集まって、おはらいをしてるじゃないですか。「あそこにいなきゃならなかったのに」と思ってたら、そんな気持ちが通じたのか、スタッフもこっちを見上げてる。本当にバツが悪かったですよ。監督不在のおはらいなんて前代未聞だったんじゃないかなあ(笑い)。後日、スタッフに「なぜワインに手を伸ばさなかったの?」って聞いたら、「あれ、1本180円ぐらいの安いワインですよ。あんなん飲んだら、あきまへんよ」って。それ、早く言ってよ(笑い)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  6. 6

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  9. 9

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る