佐々部清監督はクランクイン直前に格安ワイン痛飲し骨折

公開日: 更新日:

 日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した「半落ち」をはじめ、「陽はまた昇る」「チルソクの夏」「ツレがうつになりまして。」など数々の話題の映画を監督し、ドラマの監督、脚本で知られる佐々部清さん(61)。お酒をめぐる武勇伝は数多い。

  ◇  ◇  ◇

「骨折してますね。手術されますか」

 レントゲン写真を見ると、ものの見事に左鎖骨が折れていました。今から7年前の5月、初めて東映京都撮影所での撮影となった松本清張原作のドラマ「波の塔」(テレビ朝日系)のクランクイン前日でした。

 参りましたよ。打ち合わせは次から次へと入ってましたし、翌日には吉田羊さんら、メインキャストの衣装合わせも控え、ただでさえ時間がないっていうのに……。

 実はその前夜、スタッフたち十数人と懇親会と称して飲みに出かけ、2次会のカラオケボックスで白ワインをしこたま飲んだんです。このワインがくせもの。1次会の飲み屋さんのママさんが、ワインが2本入るような大ピッチャーで差し入れてくれたのに、だれも飲まない。もったいないから、それを僕ひとりで飲んじゃった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  5. 5

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  6. 6

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  7. 7

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  10. 10

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

もっと見る