てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

堤真一が売れっ子になっても決して忘れない無口な父の教え

公開日: 更新日:

「(父と比べると)高倉健さんなんてしゃべりすぎ(笑い)」(堤真一/TBS「サワコの朝」6月15日放送)

 ◇  ◇  ◇

 堤真一(54)の父親は、生活していて声を聞くことがほとんどないくらい無口だったという。そのため、何を考えているかわからず、高校時代は反発の対象だった。そんな父は、堤が19歳の時、末期がんだと診断される。折しも、ジャパンアクションクラブ(JAC)の養成所に合格し上京を控えていたときだった。

 ともに死期を悟った中、上京前日に最後のお見舞いに行くと、10分もしないうちに帰るよう促され、一言「元気でな」と言われたという。そんな父を「不器用で無口」の代名詞となっている男と比べ、笑わせた一言が今週の言葉だ。

 JACの先輩である真田広之の付き人になった堤は、舞台「天守物語」で黒子として獅子の中に入った。その時、坂東玉三郎に見いだされ、舞台「ロミオとジュリエット」ではスケジュールの都合で稽古に出られない真田の代役として参加。その際、玉三郎から代役にもかかわらず、一番多く指導された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  5. 5

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  8. 8

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る