てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

堤真一が売れっ子になっても決して忘れない無口な父の教え

公開日: 更新日:

「(父と比べると)高倉健さんなんてしゃべりすぎ(笑い)」(堤真一/TBS「サワコの朝」6月15日放送)

 ◇  ◇  ◇

 堤真一(54)の父親は、生活していて声を聞くことがほとんどないくらい無口だったという。そのため、何を考えているかわからず、高校時代は反発の対象だった。そんな父は、堤が19歳の時、末期がんだと診断される。折しも、ジャパンアクションクラブ(JAC)の養成所に合格し上京を控えていたときだった。

 ともに死期を悟った中、上京前日に最後のお見舞いに行くと、10分もしないうちに帰るよう促され、一言「元気でな」と言われたという。そんな父を「不器用で無口」の代名詞となっている男と比べ、笑わせた一言が今週の言葉だ。

 JACの先輩である真田広之の付き人になった堤は、舞台「天守物語」で黒子として獅子の中に入った。その時、坂東玉三郎に見いだされ、舞台「ロミオとジュリエット」ではスケジュールの都合で稽古に出られない真田の代役として参加。その際、玉三郎から代役にもかかわらず、一番多く指導された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  8. 8

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る