井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

饒舌なタクシー運転手 市井の人のほうがよっぽどオモロイ

公開日: 更新日:

「厚生労働省の上野政務官というチンピラ衆院議員のアホンダラが、人材派遣会社からの頼みごとで、外国人労働者の在留申請のために、法務省に『口利き』しくさって、1人につき2万で100人で200万円もカスリ取ってやがったんでっせ! こっちゃ、マジメにやり直そう思て、東京まで流れてきたのに」

 タクシーに乗るなり年配の運転手さんがまくし立ててきたので、久しぶりにヤサグレな河内弁が耳に飛び込んできて、笑ってしまった。

「監督! 笑いごとちゃいまっせ、やっぱりいまだに自民党の若いやつっちゅーのは、口利いたる言うてカネもらってんやな。悪徳ブローカーよりタチの悪い政治家なんか刑務所送りでっせ!」と言うわ、言うわ、また笑ってしまった。俺も「正義ぶったことばっかり適当に言い合ってる昼のワイドショーのコメント屋たちより、アンタの方がよっぽどオモロイわ。代わって出演してほしいな」と応じると、運転手さんの口が止まらなくなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  4. 4

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    志村けんさんの“サービス精神”女性に使った金額を尋ねたら

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る