姫田小夏
著者のコラム一覧
姫田小夏ジャーナリスト

上海財経大学公共経済管理学院・行政管理学修士(MPA)。中国ウオッチは25年超、うち約15年を上海で過ごす。アジア・ビズ・フォーラム主宰。日刊ゲンダイでの連載などをもとに「ポストコロナと中国の世界観」(集広舎)。

「4000万人かき集め戦略」でインバウンド歓迎ムードが一変

公開日: 更新日:

 G7メンバーの日本は世界の先進国――。こうした考え方は、だんだん通用しなくなっているのではないか。中国やアジアを中心に取材するジャーナリストが見て聞いて感じたこの国の危うさをリポート。

  ◇  ◇  ◇

 来年の東京五輪本番を前に、国民はインバウンドにお疲れ気味だ。特に外国人観光客の3割を占める中国人観光客は依然、頭の痛い存在だ。「宿や公共交通の予約が入れられない」「北海道の田舎ですらものすごい中国人客」「話し声が大きいので、旅先でしみじみできない」――。筆者のコラム記事には「中国人客はもうたくさんだ!」という読者コメントが毎回、多数寄せられる。確かに、日本人が日本の旅を楽しめないなんて本末転倒だろう。

 そもそもなぜ、これほどの中国人が日本に来るようになったのかといえば、ビザの乱発に他ならない。日本はビザ発給が厳しいことで有名だったが、2000年代後半から、これを段階的に緩めた。日本政府は「2020年に4000万人」を訪日客誘致の目標に掲げたが、実現するには、最大の送客源となる中国人のビザ発給要件を緩和して、かき集めてくるのが手っ取り早い。2年前、中国在外公館に勤務する外務省関係者が「あまりの申請数で休みもない」とボヤき、ビザ発給の対象者数が尋常ではないと訴えていたことを思い出す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    「入院制限」は誰の発案なのか “独断会議”の出席者は5人、与党内からも突き上げの嵐

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    自治体の長なら子供をまず守れ この国には一定数の野蛮な親父がいる

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  7. 7

    <21>800万円のロングコートを着てムービーカメラの前で悪代官のように振る舞う

  8. 8

    英国は「集団免疫」を獲得した? 成人7割ワクチン接種完了、専門家の見解は

  9. 9

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  10. 10

    「私たちの夢」NY市警刑事の殉職から7年…人工授精で生まれた娘が4歳に

もっと見る