井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

香港市民よ「イージー・ライダー」が目指した“自由”を掴め

公開日: 更新日:

 もう先週のことになるが、我らの愛すべきアメリカン・ニューシネマの傑作「イージー・ライダー」の製作者でもあり、主人公の1人、キャプテン・アメリカ役を演じた、ピーター・フォンダが肺がんでこの世を去った。「君たちも映画を作ったらどうだ?」と青春の夢を与えてくれた人だ。ここで改めて感謝したい。

 それは1970年の正月明けの公開で、17歳になったばかりの高校2年の我らは、大阪の梅田地下劇場で完全に打ちのめされ、ノックダウンだった。どんなに映画に感動しようと、上映後にしばらく座席から立てなかったのはこの「気ままなバイク乗り」が最初だ。翌日は当然、学校なんて行く気もしなかった。主人公たちが皆、殺されて終わるなんて、それまであり得なかった。あの衝撃は他にない。

 メキシコから麻薬を密輸して大金を稼ぎ、アメリカの「自由」を探しに、ロスから南部のニューオーリンズの謝肉祭を目指して旅をする3人組。ロサンゼルスをLAと言うのも初めて知ったし、3人がたき火を囲んでマリフアナを吸い回し、「自由」について語り合う場面さえドキドキした。本物の大麻を吸って撮影したと聞いていたからだ。「フリーダム」という言葉が語られた。彼とデニス・ホッパー(既に故人)がチョッパーバイクの旅の道中で拾った若い弁護士も、マリフアナを吸いながら熱弁した。演じたのは名も知らない新人ジャック・ニコルソンだ。「アンタらのその長髪や格好が象徴する『自由』ってやつをこの国は一番恐れてるんだ」と。法の下の制約付き自由「リバティー」じゃなく、誰からも妨害されず個人の意思で行動するのが「フリーダム」。英語の授業より先に、我らは銀幕で教えられた。ステッペンウルフの楽曲「ワイルドでいこう!」や「ザ・プッシャー」「ザ・ウェイト」、ジミ・ヘンドリックスも心に突き刺さった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  8. 8

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  9. 9

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  10. 10

    木村一八「松本人志の“横山やすしネタ”に激怒」の真相語る

もっと見る