視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

公開日: 更新日:

 東京2020の前年で世間はオリンピック一色、朝ドラ「あまちゃん」で好評だった宮藤官九郎に賑やかな脚本を書かせ、当代一の人気歌舞伎役者を主役に、伝説のスポーツ選手を次々と登場させる。日本スポーツ協会はじめ競技関係者は全面協力、安倍内閣もバックアップ、あの小うるさい朝日新聞も自分のところの元記者が主人公ではケチを付けにくい――。どうだ、これでヒットしないわけがないだろう。NHK幹部はそう考えて、大河ドラマいだてん~東京オリムピック噺~」(総合日曜午後8時)を企画したに違いない。

 ところが、ある致命的な見落としがあった。いまや、スポーツはテレビ、パソコン・スマホでライブ観戦したら、それで終わり。昔の選手の活躍や舞台裏をドラマ仕立てで感動するなんてことは、よほどのスポーツマニアでなければ、楽しみ方ではなくなっていたのだ。主人公の金栗四三も田畑政治も、大方には無名であった。これで1年間見続けてくれというのは、さすがに無理がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  6. 6

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  7. 7

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  10. 10

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

もっと見る