太刀川正樹
著者のコラム一覧
太刀川正樹ジャーナリスト

1946年、東京生まれ。国際ジャーナリスト。早稲田大学教育学部英文科在学中、韓国国立ソウル大学語学研究所へ留学、韓国語を学ぶ。講談社の日本語版「ペントハウス」ニューヨーク特派員などを経験。著書・訳書に「政権交代」「平壌十五号官邸の抜け穴」「オリンピック30年」など。

ご恩返しと償い…私の夢はもう一度、日本に戻って歌うこと

公開日: 更新日:

 日本ではいろいろと苦労しましたが、やりがいも多かった。それもファンのおかげです。これまで波瀾万丈の人生を生きてきて、ファンの皆さまにも大きなご迷惑と心配をかけてきましたが、今の私には過去を振り向いている時間はありません。皆さんに対するご恩返しと償いの意味で歌うしかありません。

 今年5月には韓国でプロミス・エンタープライズ社と専属契約を結び、37年ぶりに新譜をつくりました。タイトル曲「道」には人生を振り返り、傷として残った時間からの回復を祈る気持ちを込めました。新曲9曲と私の代表曲をリメークした3曲、合計12曲を収録しています。年末の12月24日、25日の2日間、ソウルのウォーカーヒル・シアターでディナーショーを開催いたします。

 私はテレビ出演よりもミニコンサートやディナーショーをやりたい。ファンの目の前で、お客さんとスキンシップしながら、お客さんからパワーをもらう。ヒットしなくてもステージで歌うことができれば満足です。それに私がテレビ出演すると、その分だけ出られない若手の歌手の機会を奪うことになるでしょう。私にとって韓国は母国、日本は母体なのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    前夫の浮気に子育ての苦労…菊池桃子「再婚」までの凸凹道

  5. 5

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  6. 6

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  7. 7

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  10. 10

    原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る