CM契約更新で注目 剛力彩芽の“意外”とマツコ“不動”のナゼ

公開日: 更新日:

 秋の声を聞くとにわかに慌ただしい空気に包まれるのがCM業界。タレントの「生命線」といえるCM契約の更改と見直しの下交渉が始まるからだ。

 今年の注目はNHK朝ドラ「なつぞら」の高視聴率をけん引した広瀬すず(21)でも、“月9”ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」(フジテレビ系)のヒロインを演じた本田翼(27)でもなく、剛力彩芽(27)とマツコ・デラックス(46)だ。

 剛力といえば、交際中の前澤友作氏(43)が創業した「ZOZO」が、ソフトバンク傘下の「ヤフー」に先日買収された。6年前にはCM契約数が12本を数え、同じ所属事務所の武井咲(25)と激しくCM女王の座を争っていた剛力だが、今の彼女にその勢いはない。テレビのレギュラー番組は「奇跡体験!アンビリバボー」(フジテレビ系)の1本。CM契約に至ってはゼロ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  8. 8

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  9. 9

    吉沢亮を大河ドラマ主役に抜擢 裏にNHKの“ジャニーズ対策”

  10. 10

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る