CM契約更新で注目 剛力彩芽の“意外”とマツコ“不動”のナゼ

公開日: 更新日:

 秋の声を聞くとにわかに慌ただしい空気に包まれるのがCM業界。タレントの「生命線」といえるCM契約の更改と見直しの下交渉が始まるからだ。

 今年の注目はNHK朝ドラ「なつぞら」の高視聴率をけん引した広瀬すず(21)でも、“月9”ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」(フジテレビ系)のヒロインを演じた本田翼(27)でもなく、剛力彩芽(27)とマツコ・デラックス(46)だ。

 剛力といえば、交際中の前澤友作氏(43)が創業した「ZOZO」が、ソフトバンク傘下の「ヤフー」に先日買収された。6年前にはCM契約数が12本を数え、同じ所属事務所の武井咲(25)と激しくCM女王の座を争っていた剛力だが、今の彼女にその勢いはない。テレビのレギュラー番組は「奇跡体験!アンビリバボー」(フジテレビ系)の1本。CM契約に至ってはゼロ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  4. 4

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  5. 5

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  6. 6

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  7. 7

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  8. 8

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  9. 9

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

  10. 10

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

もっと見る