太刀川正樹
著者のコラム一覧
太刀川正樹ジャーナリスト

1946年、東京生まれ。国際ジャーナリスト。早稲田大学教育学部英文科在学中、韓国国立ソウル大学語学研究所へ留学、韓国語を学ぶ。講談社の日本語版「ペントハウス」ニューヨーク特派員などを経験。著書・訳書に「政権交代」「平壌十五号官邸の抜け穴」「オリンピック30年」など。

満期出所まで残り2カ月で母親が死んで…葬儀の費用もなく

公開日: 更新日:

 私がこれまでの人生で最も後悔していることは覚醒剤事件もそうですが、唯一無二の母親の死に目に会えなかったことです。

 覚醒剤服用の現行犯とポルシェ詐欺事件(執行猶予)が加重されて結局、懲役1年6月の実刑判決を受けて、水原刑務所に収監されました。

 女子房では7人の女囚との雑居房ですが、他の先輩の女囚から「あんた、歌を歌ってよ」なんて言われたこともあります。でも刑務所ではいじめられたりしたことはありません。私は女手一つで育てられたせいか、けっこう気が強く、口喧嘩には負けないタイプです。それに看守女性も私のファンで、たばこを差し入れてくれましたが、私は吸わないので断りました。

 私が満期出所まであと2カ月残していた2016年4月、母親は92歳でこの世を去りました。若い頃から女手一つで私を育ててくれた母親は50代から糖尿病に悩み、合併症を併発して、腎臓、肝臓、そして認知症となり、最後は老人ホームで息を引き取りました。ソウル市内の葬儀会場に行くために法務部から2泊3日の特別外出許可を受けて喪主をつとめました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る