落語家・立川志らら 「いつかは出世払い」も累計額に驚愕

公開日: 更新日:

 立川志らくの弟子・立川志ららさん(46)。入門して半年で放送作家・高田文夫の預かり弟子という付き人生活が始まり、その関係は20年以上経っても続いている。その間、ごちそうになった分を、いつかは出世払いしようとメモしていたのだが……。

 ◇  ◇  ◇

 実家暮らしだったので大して貧乏は経験してませんが、談志師匠の立川流は弟子入りする時に面接料、入門料を取られ、入門してからも上納金を取られると知って、「これはお金が必要になる」と思い、弟子入り前に早朝は清掃業務、夜は居酒屋でバイトしてお金を貯めました。それから、談志一門は、夜はいつ帰れるか分からないとも噂で聞いてたので、終電を逃した時のためにバイクの中型免許を取り、400㏄のバイクも買って。

 一応自分なりに用意周到に準備して弟子入りしました。それが1997年。でもいざ弟子入りすると、師匠志らくは、深夜まで飲み歩くことがなくて電車ですんなり帰れました(笑い)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

  10. 10

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

もっと見る