川口春奈は大河に若いファン呼ぶか “代役効果”も千載一遇

公開日: 更新日:

 合成麻薬MDMA所持で逮捕された沢尻エリカ容疑者(33)の代役は、川口春奈(24)に決まった。来年1月スタートのNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の話。

 沢尻が演じる予定だった「帰蝶」の代役は、誰になるのか。ネット上だけでなく、マスコミ各社も予想合戦がヒートアップ。菜々緒のんの名前が浮上したり、〈帰蝶は柴咲コウさんの当たり役。大河でも見たい!〉などと盛り上がりを見せていた。

 NHKが21日に正式発表してからは、ネット上には〈プレッシャー半端ないと思うけど、頑張って〉〈勇気ある決断、すごい!〉と川口を応援する声が続々と集まっている。

「撮り直しをしなければならないスタッフ、キャストの苦労は推して知るべしですが、ある意味、今回の出来事は視聴率的には大きなチャンス。現在放送中の『いだてん』は、前代未聞の低視聴率大河のまま最終回を迎えそうな現状ですが、この騒動のおかげで少なくとも『麒麟がくる』の初回は視聴しようと考える人が増えるでしょう」(テレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  3. 3

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  4. 4

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  5. 5

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  6. 6

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  7. 7

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  8. 8

    加熱する中台「総額57億円のパイナップル」バトルに懐疑論

  9. 9

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る