氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

公開日: 更新日:

 最近、ジェンダーレスに覚醒したと話題の氷川きよし(42)が、11、12日に東京国際フォーラムで「氷川きよしスペシャルコンサート2019~きよしこの夜vol.19~」を開催した。デビュー20周年を機に“やりたいことをやる”という意志を新たにしたコンサートに本紙(日刊ゲンダイ)記者も潜入した。

 オープニングは「(SMAPの)『世界に一つだけの花』の演歌版をリクエストした」という「それぞれの花のように」でスタート。「みなさんも一人一人が美しいですよ~」とファンに語りかけると、中高年の熟女ファンがクリスマス帽をかぶり、目をハートにして手に持ったライトを振っている。

 8回の衣装替えで最も会場をくぎ付けにしたのが“美脚”。キューティーハニーのような赤いマイクロミニのショートパンツにニーハイブーツ姿で「限界突破×サバイバー」を熱唱。デビュー当初の戦略でポップスよりもライバルが少ない演歌歌手としてデビューしたという背景もあるが、この曲を歌っている時の氷川が“より自分らしく表現”し、生き生きしているのは確かだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る