新浜レオンに彩青 令和元年はイケメン演歌歌手の当たり年

公開日: 更新日:

 令和元年はデビューラッシュ。演歌界では“20年に一度、王子ブームが来る”と言われており、演歌界のプリンス・氷川きよし(41)の再来を狙い、イケメン歌手ブームが起きている。そんな中、注目なのが、新浜レオン(23)と彩青(16)だ。

 新浜は、1日「離さない 離さない」(海峡レコード)でデビュー。13日付オリコン週間ランキング演歌・歌謡部門で1位。なんとB’z、倉木麻衣が所属する、ビーイング初の演歌歌手という変わり種。千葉県出身で学生時代は野球一筋。大東文化大学の「ミスター大東コンテスト2017」でグランプリを受賞したイケメンだ。野球を引退と同時に演歌に転向しデビュー。父は「伯方の塩」のCMの名セリフで有名な演歌歌手で、彼の甘い歌声にビーイングは演歌という新ジャンルの開拓を試みたという。

 もうひとりは細川たかしの弟子、彩青。北海道出身で5歳から民謡を始め、11歳で細川たかしに弟子入り、尺八に三味線もできるという、才能あふれる民謡界の王子。師匠と並ぶと小顔が際立つ和顔イケメン。6月26日に「銀次郎 旅がらす」(日本コロムビア)をリリースする。20日、師匠・細川の新曲「冬嵐」(日本コロムビア)と彩青のデビューお披露目イベントを開催。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

もっと見る