梅宮辰夫が役者になった目的4つ いい女を抱く、酒を飲む…

公開日: 更新日:

 その頃の東映は時代劇映画がドル箱。だから京都には片岡千恵蔵、中村錦之助、大川橋蔵といった時代劇スターが綺羅星のごとくそろっていた。一方の東京撮影所でつくる現代劇はスタッフも予算も少ない。京都でつくる映画はカラーなのに、東京は白黒ってこともよくあったよ。

 でも、俺は時代劇スターになりたくて、この世界に入ったんじゃない。もっと言うと、芝居のうまい役者になって人に評価されたいとか、賞をとりたいなんて考えたこともない。俺が役者になった目的は次の4つ。

①いい女を抱くこと
②いい酒を飲むこと
③いい車に乗ること
④きれいな海が見える一等地に家を構えること

 一応4つとも実現したかな。その意味では、俺は幸せな映画人生を送れたと思うよ。=つづく

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  9. 9

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  10. 10

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

もっと見る