梅宮辰夫が役者になった目的4つ いい女を抱く、酒を飲む…

公開日: 更新日:

 東映時代は「夜の帝王」なんて軟派役者の代表のように言われていた俺だけど、学生時代は硬派で鳴らしていたんだぜ。

 高校は早稲田高校。入学するや自分で剣道部を創設し、3年間主将を務めた。男子校だから女っ気は一切なし。セックスどころか、女の子と手をつないだこともない。そもそもデートしたこともなかったんだから(笑い)。

 そんな俺が童貞とオサラバしたのは大学2年、19歳のときだった。よく行く銀座の寿司屋で、ホステスにナンパされたんだよ。石原裕次郎さんの「嵐を呼ぶ男」を見に行き、その帰りに彼女の誘いで新橋の旅館へとシケ込んだ。昔は「逆さクラゲ」って呼ばれた連れ込み旅館だよ。今なら、ラブホテルか(笑い)。

 俺にとっては記念すべき筆おろしだったんだけど、うまくいかなかったねぇ。なにしろ当時はアダルトビデオどころかポルノ映画もない時代。事前の知識はゼロだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  4. 4

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  10. 10

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

もっと見る