「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

公開日: 更新日:

 今年度の「麒麟がくる」、来年度の「青天を衝け」の2作品に関しては早速、平均視聴率12%超えのハードルが設けられているという。ところが最近のリサーチでは何とも不吉な結果が上がってきたという。

「『麒麟がくる』と来年の『青天を衝け』の2作品に大コケ予想が浮上しているんです。『麒麟』は戦国モノで当初、安泰だといわれてきたが、例の沢尻エリカスキャンダルで初回放送が延期になった。視聴者は完全にシラケムードだというんです。さらに来年放映される『青天を衝け』は視聴率が取れないといわれる明治モノです。主演の吉沢亮はFM3層(50代以上の男女)には無名。さらに脚本家もNHKの朝ドラで名を上げた大森美香。『いだてん』の宮藤官九郎と全く同じにおいがするんですよ」(テレビ局関係者)

 こうした危機的状況が叫ばれるなか“連敗ストッパー”として登板したのが三谷センセイだったというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る