世代交代が加速 2020年在京キー局女子アナ“下克上”勢力図

公開日: 更新日:

 昨年の女子アナ界は、ひと言で表すと「世代交代」の一年だった。長年、人気アナウンサーのシンボル的な存在であった“カトパン”こと元フジ・加藤綾子アナ(34)が古巣に出戻り、ほぼ入れ違いでフリーとなった元TBS・宇垣美里アナ(28)や同・吉田明世アナ(31)、田中みな実アナ(33)が活躍。一方、各局を見渡すと、20代局アナの台頭が顕著だったといえる。では、今年はいったい誰が視聴者をとりこにするのか? 赤丸チェックの局別注目株を、女子アナをウオッチし続けて四半世紀、女子アナ評論家の松本京也氏に挙げてもらった。

  ◇  ◇  ◇

■“無双”弘中アナを脅かす超新人

 まずは年末恒例「好きな女性アナウンサーランキング」(オリコン)で初の1位に選ばれた、テレビ朝日弘中綾香アナ(28)。担当番組「激レアさんを連れてきた。」での自由な振る舞いが話題となり、異性スキャンダルが発覚したにもかかわらず、人気は右肩上がり。驚くことに、シニア世代にも好感を得ているのだから将来は明るい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  9. 9

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  10. 10

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

もっと見る