初回視聴率19.1%「麒麟がくる」好発進はご祝儀か本物か?

公開日: 更新日:

 NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の第1回が19日に放送され、平均視聴率は19・1%の好発進。同時間帯のライバルである「ポツンと一軒家」(テレビ朝日系)=16・1%、「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)=15・6%を抑え、堂々のトップに立った(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)。

 昨年の「いだてん」は、年間平均視聴率8・2%で、大河ドラマ史上ワースト。「麒麟」も出演予定だった沢尻エリカ被告(33)が、昨年11月に麻薬取締法違反の罪で逮捕されたことで、川口春奈(24)を代役に立て撮り直しを余儀なくされ、2週間遅れのスタートとなった。リベンジを果たしたいところにのっけからミソをつけた格好で、初回視聴率が注目されていた。

 しかしフタを開けてみれば、2016年の「真田丸」(初回19・9%)以来となる好スタート。関係者はひとまず胸をなでおろしているハズだ。時代劇研究家でコラムニストのペリー荻野氏はこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  3. 3

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  4. 4

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  7. 7

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  8. 8

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  9. 9

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  10. 10

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る