初回視聴率19.1%「麒麟がくる」好発進はご祝儀か本物か?

公開日: 更新日:

 NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の第1回が19日に放送され、平均視聴率は19・1%の好発進。同時間帯のライバルである「ポツンと一軒家」(テレビ朝日系)=16・1%、「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)=15・6%を抑え、堂々のトップに立った(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)。

 昨年の「いだてん」は、年間平均視聴率8・2%で、大河ドラマ史上ワースト。「麒麟」も出演予定だった沢尻エリカ被告(33)が、昨年11月に麻薬取締法違反の罪で逮捕されたことで、川口春奈(24)を代役に立て撮り直しを余儀なくされ、2週間遅れのスタートとなった。リベンジを果たしたいところにのっけからミソをつけた格好で、初回視聴率が注目されていた。

 しかしフタを開けてみれば、2016年の「真田丸」(初回19・9%)以来となる好スタート。関係者はひとまず胸をなでおろしているハズだ。時代劇研究家でコラムニストのペリー荻野氏はこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  8. 8

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  9. 9

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

  10. 10

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

もっと見る