てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

気持ちはアイドル 嘘つきクロちゃんのポジティブシンキング

公開日: 更新日:

「ホントに涙でてるのに」(クロちゃん/TBS「名医のTHE太鼓判!」1月21日放送)

 医師から「明日、明後日、突然死になってもおかしくない」と「余命3年」を宣告され、ついに脳動脈瘤の手術を行うことを決意した、安田大サーカスのクロちゃん(42)。その手術前日、クロちゃんのもとに、両親がお見舞いに駆けつけた。

「親孝行で温泉旅行とかどっか連れて行くみたいな形で東京来てもらうならいいけどさ、俺が入院して来てもらうって」としおらしく言って涙ぐむクロちゃんに、母親は「演技うまい」とまさかの一言。父親も「ウソつきじゃけ」と追随する。そんなときにクロちゃんが放った一言が今週の言葉だ。それを聞いても母親は「それも演技よ」と冷たくあしらった。

 本人が「(TBSは)僕を月曜日に生かそうとして、水曜日に殺そうとしてる」(オリコン「ORICON NEWS」19年1月27日)と言うように、クロちゃんの「ウソつき」キャラを浸透させたのは「水曜日のダウンタウン」(TBS)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  3. 3

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  4. 4

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  5. 5

    防衛大で“異次元”と訓示 安倍政権で防衛予算10兆円の恐怖

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  8. 8

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  9. 9

    北方領土問題の「本質」はロシアによる日本の主権侵害だ

  10. 10

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

もっと見る