ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在は、お笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著に「とんねるずと『めちゃイケ』の終わり 〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論」(イースト新書)、「逆襲する山里亮太」(双葉社)などがある。

「黒いサンドウィッチマン」鬼越トマホークは猛毒芸で席巻

公開日: 更新日:

 現在、好感度ナンバーワンの芸人といえば、サンドウィッチマンである。体つきががっしりしていて、見た目はいかつい雰囲気だが、中身は全く正反対。テレビの画面越しにも優しさと人柄の良さが伝わってくる。

 一方、見た目と中身に全く違いがない「黒いサンドウィッチマン」の異名を取る芸人が鬼越トマホークだ。2人とも一見して「反社」そのもののような外見。しかも、その芸風は毒舌のレベルを超えた猛毒。見た目そのままのガラの悪い噛み付き芸で、いま話題沸騰中のコンビだ。

 彼らが注目されたきっかけは、持ちネタの「喧嘩芸」だ。テレビや舞台で突然コンビ同士で喧嘩を始める。共演する芸人が仲裁に入ると、坊主頭の坂井良多(34=写真左)は「うるせえな」と激高し、勢いのあまり、その芸人に悪態をつく。さらに、相方の金ちゃん(34=同右)もフォローするふりをして、さらにどぎつい毒を浴びせる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  5. 5

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  6. 6

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  7. 7

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  8. 8

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  9. 9

    故宮で贋作販売? 騙された日本人旅行者が生々しく証言

  10. 10

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る