嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

公開日:

 芸人クロちゃんの嫌われようが酷い。

「水曜日のダウンタウン」内の企画で人気番組「テラスハウス」のパロディーである「モンスターハウス」では、なんと共同生活を送るモデルの美女とのキスに成功した。しかしテンションマックスで大ハシャギのクロちゃんとは裏腹に、放送後のネットは「キモい」「無理」と大炎上。

 テレビの中だけの話ではない。普段も毎夜のように歌舞伎町や六本木に繰り出しては、キャバ嬢たちから罵詈雑言を浴びせられ、お客にもかかわらず嫌われ続けてきたクロちゃん。だが、そんな空気が変わりつつあるという。六本木のキャバ嬢が語る。

「とにかくお金にセコく、すぐにデートしよう! チューしよう! と言ってくるクロちゃんは店中の嫌われ者でした。でも先日の医療バラエティーで医者から『余命3年』って宣告されたじゃないですか。それからはみんなの態度が急変。可哀想だからと本気で健康的なダイエットのアドバイスをしてあげる子や今までの非礼を恨まれたくないから手のひら返して超優しく接するようになった子だらけになりました。まぁ中には、『結婚したい。3年なら我慢できる!』という遺産目当ての悪い子もいますけど(苦笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る