二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

公開日: 更新日:

 東出昌大に続き女優の鈴木杏樹に不倫が発覚。東出が「良き亭主」なら鈴木は「清純派」と2人とも好感度は高い。それだけに「不倫」はあまりにギャップが大きく、東出はCMなどを失った。鈴木もラジオを降板と、さまざまな影響が出ている。

 俳優は虚像の中の仕事。実像は別物だが、見る人は虚像を実像とかぶらせてしまう傾向が強い。先日、亡くなった梓みちよさん(享年76)はデビュー間もなくして「こんにちは赤ちゃん」が大ヒット。実生活は独身でも初めて赤ちゃんを産んだ新米ママのようなイメージが定着。脱却するのに苦労をした。鈴木もいまだに「清純派」といわれる女優。ドラマ「相棒」の小料理屋の物静かな女将さんのイメージで見られている。虚像からすれば、不倫はあまりにかけ離れている。「あの鈴木杏樹が不倫?」と騒ぎとなった。

 鈴木の不倫相手は新派の俳優・喜多村緑郎。鈴木より1つ年上の51歳。舞台中心で活動する俳優だけに、あまり馴染みはないが、歌舞伎役者出身らしい端正な甘いマスク。普通に街を歩いていたらすてきな熟年カップル。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る