二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

公開日: 更新日:

 東出昌大に続き女優の鈴木杏樹に不倫が発覚。東出が「良き亭主」なら鈴木は「清純派」と2人とも好感度は高い。それだけに「不倫」はあまりにギャップが大きく、東出はCMなどを失った。鈴木もラジオを降板と、さまざまな影響が出ている。

 俳優は虚像の中の仕事。実像は別物だが、見る人は虚像を実像とかぶらせてしまう傾向が強い。先日、亡くなった梓みちよさん(享年76)はデビュー間もなくして「こんにちは赤ちゃん」が大ヒット。実生活は独身でも初めて赤ちゃんを産んだ新米ママのようなイメージが定着。脱却するのに苦労をした。鈴木もいまだに「清純派」といわれる女優。ドラマ「相棒」の小料理屋の物静かな女将さんのイメージで見られている。虚像からすれば、不倫はあまりにかけ離れている。「あの鈴木杏樹が不倫?」と騒ぎとなった。

 鈴木の不倫相手は新派の俳優・喜多村緑郎。鈴木より1つ年上の51歳。舞台中心で活動する俳優だけに、あまり馴染みはないが、歌舞伎役者出身らしい端正な甘いマスク。普通に街を歩いていたらすてきな熟年カップル。

 熱愛現場をスクープしたのは、東出に続き「週刊文春」。毎週のように飛び出すスクープは世間からの注目度も高いだけに、スキのない細かな取材が誌面からも見て取れる。今回のスクープも完璧だった。浜辺で抱擁する写真など熱愛を裏付ける経緯まで詳細。なかでも、女優と俳優がラブホを利用していたくだりに驚く声も多いが、実は意外に盲点ともいわれている。こんな話がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?