染谷将太演じる「麒麟がくる」織田信長 “丸顔 童顔系”の謎

公開日: 更新日:

 NHK大河ドラマ「麒麟がくる」は平均で15%を超える視聴率を記録してまずまずだが、ざわつきが……。

 織田信長にミスキャストではないかという声が上がっている。

 8日の第8回「同盟のゆくえ」で本格的に織田信長が登場した。演じるのは染谷将太

 信長は言わずと知れた主役・明智光秀の主君。物語の最大のシーン、本能寺の変では光秀が謀反を起こす相手だが、染谷の信長はらしくないという声が少なくないのだ。

 信長といえば短気、残忍、冷酷といったイメージが一般的。残された肖像画はほっそりして面長に描かれているが、染谷は丸顔、童顔系。本人は「これまでの織田信長のイメージとは違う表現に挑戦しています」とコメントしているが……。ドラマの中の染谷は歌手の三浦大知かという印象さえある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  4. 4

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    志村けんさんの“サービス精神”女性に使った金額を尋ねたら

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る