染谷将太演じる「麒麟がくる」織田信長 “丸顔 童顔系”の謎

公開日: 更新日:

 NHK大河ドラマ「麒麟がくる」は平均で15%を超える視聴率を記録してまずまずだが、ざわつきが……。

 織田信長にミスキャストではないかという声が上がっている。

 8日の第8回「同盟のゆくえ」で本格的に織田信長が登場した。演じるのは染谷将太

 信長は言わずと知れた主役・明智光秀の主君。物語の最大のシーン、本能寺の変では光秀が謀反を起こす相手だが、染谷の信長はらしくないという声が少なくないのだ。

 信長といえば短気、残忍、冷酷といったイメージが一般的。残された肖像画はほっそりして面長に描かれているが、染谷は丸顔、童顔系。本人は「これまでの織田信長のイメージとは違う表現に挑戦しています」とコメントしているが……。ドラマの中の染谷は歌手の三浦大知かという印象さえある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る