佳境の「スカーレット」スピンオフ週から消えない違和感

公開日: 更新日:

 NHK連続テレビ小説「スカーレット」(総合あさ8時)は残り2週間、物語はクライマックスだ。これまではヒロイン川原喜美子(戸田恵梨香)の陶芸家としての波瀾万丈が描かれていたが、ここへきて息子・武志(伊藤健太郎)の闘病記にいきなり変わった。武志の限られた命と、母親の献身的な看病が話の軸だ。

「スカーレット」は女性陶芸家の草分けの神山清子がモデルだが、その長男の賢一も地元・信楽の窯業研究所や母親のもとで修業を重ね、金属のようなつやを持つ天目茶碗を制作した。

 ところが、29歳の時に骨髄性白血病と診断され、それから母と息子のドナー探しと高額な医療費のための募金活動が始まる。友人たちの協力もあって全国に知られるようになり、白血病患者を支援する運動に発展して、骨髄移植推進財団(現在の骨髄バンク)が設立された。ただ、賢一は自分のドナーは見つからず、32歳で死去。ドラマはいま、このエピソードを描いているわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  8. 8

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  9. 9

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  10. 10

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

もっと見る