「翔んで埼玉」大ヒット 武内英樹監督にフジテレビ退社説

公開日: 更新日:

 先の日本アカデミー賞で、最優秀監督賞を受賞した映画「翔んで埼玉」の武内英樹監督(53)にフジテレビ退社説が浮上している。

「フジでは、できる人材ほど辞めたがり、実際に辞めているのですが、武内氏も『最優秀監督賞取ったら会社辞めるよ』と内々に語っています。それが実現したのですから、今携わっている作品を完成させるあたりで、独立しそうです」(マスコミ関係者)

 武内氏は授賞式で「取っちゃいけない作品が取っちゃった」とコメントしていたが、「類いまれな人心掌握術、演出力のたまもの」というのが、映画界での評判だ。

「ただ同じ現場にいるだけでも、とにかく楽しい男で、ノセるのがうまい。『翔んで埼玉』にはGACKTと伊勢谷友介のキスシーンがあるのですが、NGだった伊勢谷を説得し翻意させ、またクールなGACKTのモチベーションをアップさせて撮ったのは、ちょっと普通の監督では難しいかもしれません」(映画ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  4. 4

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  5. 5

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  6. 6

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  7. 7

    高齢者には難解…何かと横文字を使いたがる政治家の心理

  8. 8

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  9. 9

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  10. 10

    五輪延期で浮上する嵐活動休止の延長 NHKはナビ継続を切望

もっと見る