「翔んで埼玉」大ヒット 武内英樹監督にフジテレビ退社説

公開日: 更新日:

 先の日本アカデミー賞で、最優秀監督賞を受賞した映画「翔んで埼玉」の武内英樹監督(53)にフジテレビ退社説が浮上している。

「フジでは、できる人材ほど辞めたがり、実際に辞めているのですが、武内氏も『最優秀監督賞取ったら会社辞めるよ』と内々に語っています。それが実現したのですから、今携わっている作品を完成させるあたりで、独立しそうです」(マスコミ関係者)

 武内氏は授賞式で「取っちゃいけない作品が取っちゃった」とコメントしていたが、「類いまれな人心掌握術、演出力のたまもの」というのが、映画界での評判だ。

「ただ同じ現場にいるだけでも、とにかく楽しい男で、ノセるのがうまい。『翔んで埼玉』にはGACKTと伊勢谷友介のキスシーンがあるのですが、NGだった伊勢谷を説得し翻意させ、またクールなGACKTのモチベーションをアップさせて撮ったのは、ちょっと普通の監督では難しいかもしれません」(映画ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る