二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

“くだらなさ”が関心呼ぶ?「翔んで埼玉」ヒットの理由とは

公開日: 更新日:

 昨年来、日本映画の好調が続いている。平日の映画館でも半分以上の席が埋まる映画ブームだった昭和と見間違えるほどの盛況ぶり。年明けに公開された木村拓哉主演の「マスカレード・ホテル」はロングランと依然と好調。野村萬斎主演の「七つの会議」もTBSの「下町ロケット」のスタッフによる映像効果もあり観客動員は増えている。両作品とも原作の面白さと演技派の共演によるところもヒットの要因である。

「製作費と出演者を揃えた作品なら当然の結果」という声もあるが、意外な映画もヒットしている。昨年から映画界を震撼させた「カメラを止めるな!」は製作費が300万円程度。監督も出演者も無名な人たち。さしたる宣伝もなく、自主映画のように街の片隅の単館でひっそり上映して終わるだろうと思っていた。誰もヒットの予感さえしなかったが、あれよ、あれよという間にヒット。すべては口コミによるものだった。映画は宣伝よりも見た人に内容や感想を聞くことで観賞意欲がより湧くもの。「カメ止め」は見た人の誰もが「内容は言えないけど、面白いよ」と言うだけ。前例のない口コミに関心度は増した。「結末は言わないでください」の宣伝コピーよりも口コミは説得力を増す。実際、見ると「なるほど。これは内容を言ってはいけない」と納得。伝言ゲームのように次の人へ「内容は言えない」と伝わっていった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  4. 4

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  10. 10

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

もっと見る