千葉雄大主演「スマホ2」スマッシュヒットの裏に一斉休校

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルス対策に伴う全国的なイベント中止が相次ぐ中、これまで営業を続けてきた映画館業界も対応を迫られている。まず最大手シネコンのTOHOシネマズがチケットの払い戻しを発表すると、他チェーンも追随。さらには岩波ホールやシネマイクスピアリなど、臨時休館を決める劇場も現れた。

 そんな中、公開中の日本映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」が興行ランキング、口コミともに好評、スマッシュヒットを記録している。映画批評家の前田有一氏が語る。

■「ドラえもん」は延期

「学校が一斉休校となったことで、『映画ドラえもん のび太の新恐竜』『映画しまじろう』といった子供向け映画が公開延期になった。相対的に、『パラサイト』や本作のような大人向けサスペンスやホラーが伸びる余地が生まれています。また、一度延期や休館すると、再開後も観客は心理的に戻りにくくなるのは春節シーズンに映画館を閉めた中国で証明されています。よって、この傾向はしばらく続くでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  8. 8

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  9. 9

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  10. 10

    木村一八「松本人志の“横山やすしネタ”に激怒」の真相語る

もっと見る