千葉雄大主演「スマホ2」スマッシュヒットの裏に一斉休校

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルス対策に伴う全国的なイベント中止が相次ぐ中、これまで営業を続けてきた映画館業界も対応を迫られている。まず最大手シネコンのTOHOシネマズがチケットの払い戻しを発表すると、他チェーンも追随。さらには岩波ホールやシネマイクスピアリなど、臨時休館を決める劇場も現れた。

 そんな中、公開中の日本映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」が興行ランキング、口コミともに好評、スマッシュヒットを記録している。映画批評家の前田有一氏が語る。

■「ドラえもん」は延期

「学校が一斉休校となったことで、『映画ドラえもん のび太の新恐竜』『映画しまじろう』といった子供向け映画が公開延期になった。相対的に、『パラサイト』や本作のような大人向けサスペンスやホラーが伸びる余地が生まれています。また、一度延期や休館すると、再開後も観客は心理的に戻りにくくなるのは春節シーズンに映画館を閉めた中国で証明されています。よって、この傾向はしばらく続くでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  5. 5

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  6. 6

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  7. 7

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  8. 8

    元WHO専門委員・左門新氏「コロナ対策は95%達成で十分」

  9. 9

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  10. 10

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

もっと見る