賛否両論「麒麟がくる」染谷将太の新しい信長が主役を食う

公開日: 更新日:

 いよいよ“運命の2人”が出会いを果たし、物語が大きく動き出した感がある。NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の話。

 運命の2人とはもちろん、長谷川博己(43)演じる明智光秀と、染谷将太(27)演じる織田信長である。

 “染谷信長”が初めて画面に登場したのは1日に放送された第7回のラストシーン。朝焼けをバックに船に乗った信長がやって来るという、なかなかインパクトのある登場となった。

「この登場は賛否両論のようでしたね。〈神々しい〉〈カッコよかった〉なんて声がある一方で、〈浦島太郎?〉〈子どもが来たかと思った〉などと、染谷のルックスに不安を抱く声も多かった。ただ、このシーンの信長の年齢設定は15歳。子どもっぽくても何ら問題はないんですが」(テレビ誌ライター)

 とはいえ、かつて歴史の教科書で目にした「面長で細い目」の信長の顔が脳裏に刻まれているため、丸顔の信長には多くの視聴者が違和感を覚えてしまうのは致し方ないのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る