「テセウス」評価二分 澤部にあってせいやに足りないもの

公開日: 更新日:

〈意外〉〈よく頑張ったと思う〉なんて評価もある一方で、〈真犯人はもっと自然に迫真の演技ができる俳優さんにしてほしかった〉なんて残念がる声も。

 右肩上がりの高視聴率で終えたTBS系日曜劇場「テセウスの船」。ネタバレになるが、最後の最後に、事件の“黒幕”がお笑いコンビ「霜降り明星」のせいや(27)演じる田中正志だったことが分かり、視聴者は騒然となった。

「お笑い芸人がドラマに出演すること自体は、今どき珍しくもありませんが、犯人役は“準主役”みたいなもの。ドラマ初出演のせいやを抜擢するとは、なかなか思い切った配役ですよね」(テレビ誌編集者)

 さらに最後の最後の最後に、お笑いコンビ「ハライチ」の澤部佑(33)が、竹内涼真(26)演じる主人公の田村心の兄・慎吾役で登場。

〈最後に(澤部に)全部持っていかれた感も〉などと盛り上がっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る