「テセウスの船」主役食い 柴崎楓雅の“魔少年”ぶりと目力

公開日: 更新日:

 いよいよクライマックスに向け盛り上がるTBS日曜劇場「テセウスの船」は、「子役が主役を完全に食っちゃった」(テレビ誌ライター)ともっぱらだ。

 平均視聴率は第6話から13%台→14%台と右肩上がりで、8日放送の第8話は番組最高の15%台を叩き出した。

「主役の竹内涼真(26)を翻弄する子役の柴崎楓雅(11)の“魔少年”ぶりが、ネット上でも<可愛いけど怖すぎる>などと評判になっています。数字に大きく貢献していることは間違いありませんね」(前出のテレビ誌ライター)

 所属事務所の公式サイトによると、柴崎は2008年、東京都生まれで、身長141センチ、趣味は「野球」、特技は「長距離」に「将棋」となかなか渋い。

 3月1日放送のテレビ朝日のスペシャルドラマ「微笑む人」、3月20日から公開予定の映画「岡野教授の南極生物譚」、12月18日の映画「約束のネバーランド」にも出演という“売れっ子”だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る