「テセウスの船」主役食い 柴崎楓雅の“魔少年”ぶりと目力

公開日: 更新日:

 いよいよクライマックスに向け盛り上がるTBS日曜劇場「テセウスの船」は、「子役が主役を完全に食っちゃった」(テレビ誌ライター)ともっぱらだ。

 平均視聴率は第6話から13%台→14%台と右肩上がりで、8日放送の第8話は番組最高の15%台を叩き出した。

「主役の竹内涼真(26)を翻弄する子役の柴崎楓雅(11)の“魔少年”ぶりが、ネット上でも<可愛いけど怖すぎる>などと評判になっています。数字に大きく貢献していることは間違いありませんね」(前出のテレビ誌ライター)

 所属事務所の公式サイトによると、柴崎は2008年、東京都生まれで、身長141センチ、趣味は「野球」、特技は「長距離」に「将棋」となかなか渋い。

 3月1日放送のテレビ朝日のスペシャルドラマ「微笑む人」、3月20日から公開予定の映画「岡野教授の南極生物譚」、12月18日の映画「約束のネバーランド」にも出演という“売れっ子”だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る