二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

芸能レポーターたちをたじろがせる俳優はもう現れないのか

公開日: 更新日:

 芸能記事の流れの多くは週刊誌から始まりスポーツ紙、ワイドショーと続く。全てがこの流れではないが、この流れに乗るのが近年の不倫記事。

 唐田えりかとの不倫が原因で妻の杏から家を追い出されていた東出昌大。ワイドショーに会見という最終到達点に立った。もっとも立たなければならない事情があった。事が起これば会見を迫るのが近年の流れ。東出もどこかのタイミングでガス抜きをしないと、今後の仕事に支障を来す。必要を迫られての会見だった。

 東出を取り囲むように居並ぶのは各番組のベテラン女性リポーター陣。容赦ない質問が飛び交う。もうお馴染みの見慣れた光景である。古くは二股交際が発覚。囲み取材に応じて嗚咽を上げるように泣きじゃくっていた塩谷瞬。最近では車中浮気が週刊誌に暴かれた俳優の原田龍二。服装からして謝罪の定番、ダークスーツ。うつむき加減に立ち、神妙な顔でひたすら頭を下げていた。東出もダーク系の服。案の定、サンドバッグのような質問攻めにあう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  7. 7

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    小室圭さんが国民を見返す日 年収5000万円の米弁護士に

  10. 10

    小室圭さん自己弁護の反論文書は安倍前首相の国会答弁同様

もっと見る