志村さんが最期まで貫いた不肖の弟子・田代被告への“温情”

公開日: 更新日:

〈志村さんより僕が逝くべきだったと思いました〉――先月に覚醒剤取締法違反などで有罪判決を受け、現在控訴中の田代まさし被告(63)の追悼コメントに注目が集まっている。

〈志村さん〉とはもちろん、新型コロナウイルスによる肺炎で同29日に急逝した志村けんさん(享年70)のこと。

 田代被告は翌30日、自身のYouTubeチャンネル「田代まさし ブラック マーシー半生と反省を語る」で、冒頭のコメントに加え、「志村さんは今のこの世の中に笑いを届けるために必要な人でした」などと、亡き“師匠”を追悼。

 ネット上には〈志村さんのために薬物から足を洗え〉などと田代被告にエールを送る書き込みも多いが、やはりというか〈どの面下げて〉〈散々迷惑をかけておきながら〉といった辛辣な声も。

「今さら言うまでもありませんが、田代被告が原宿にタレントショップを出店できたほどの人気タレントになれたのは、志村さんに笑いのセンスを認められ、1986年から『バカ殿様』や『だいじょうぶだぁ』など、志村さんの冠番組で共演できたからです。志村さんのファンにすれば、田代被告は“裏切り者”でしかないでしょうね」(在京キー局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る