志村さんが最期まで貫いた不肖の弟子・田代被告への“温情”

公開日: 更新日:

〈志村さんより僕が逝くべきだったと思いました〉――先月に覚醒剤取締法違反などで有罪判決を受け、現在控訴中の田代まさし被告(63)の追悼コメントに注目が集まっている。

〈志村さん〉とはもちろん、新型コロナウイルスによる肺炎で同29日に急逝した志村けんさん(享年70)のこと。

 田代被告は翌30日、自身のYouTubeチャンネル「田代まさし ブラック マーシー半生と反省を語る」で、冒頭のコメントに加え、「志村さんは今のこの世の中に笑いを届けるために必要な人でした」などと、亡き“師匠”を追悼。

 ネット上には〈志村さんのために薬物から足を洗え〉などと田代被告にエールを送る書き込みも多いが、やはりというか〈どの面下げて〉〈散々迷惑をかけておきながら〉といった辛辣な声も。

「今さら言うまでもありませんが、田代被告が原宿にタレントショップを出店できたほどの人気タレントになれたのは、志村さんに笑いのセンスを認められ、1986年から『バカ殿様』や『だいじょうぶだぁ』など、志村さんの冠番組で共演できたからです。志村さんのファンにすれば、田代被告は“裏切り者”でしかないでしょうね」(在京キー局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  6. 6

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  7. 7

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  8. 8

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

  9. 9

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  10. 10

    甲子園中止で代替大会はどうなる? 47都道府県高野連直撃

もっと見る