差別主義者だった…知られざる名優ジョン・ウェインの実像

公開日: 更新日:

 全米に広がる反人種差別デモの影響が、名優ジョン・ウェイン(故人)にも及んでいる。カリフォルニア州オレンジ郡にある「ジョン・ウェイン空港」を改称し、空港内にあるウェインの銅像を撤去するよう求める声が、地元の民主党議員などから湧き起こっているのだ。

 背景にはウェインの差別的な言動がある。1971年にプレイボーイ誌の取材で「私は白人至上主義を信じている」「5世代、10世代前にそれらの人々(黒人)が奴隷だったことに何の罪悪感もない」と発言。反LGBT(性的少数者)、反先住民(インディアン)的な考えの差別主義者だったことも問題視されている。ちなみにこの空港は23年に建設され、79年にウェインを称えるため改名された。

 ジョン・ウェインは言うまでもなく西部劇の大スター。「駅馬車」(39年)などで先住民を相手にドンパチを繰り広げる姿に興奮した人は少なくないだろう。だが思想的には超保守で、今も「ハリウッドのタカ派」と呼ばれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  5. 5

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  6. 6

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  7. 7

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  8. 8

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る