「駅馬車」銃撃戦で味付けをした人間再生の痛快ドラマ

公開日:

1939年 ジョン・フォード監督

 スカッと爽やかな映画を見たい――。こんなときにオススメなのが本作。ジョン・ウェインの代表作であり、西部劇の不朽の名作だ。

 19世紀終わり。アリゾナ州からニューメキシコ州ローズバーグに向かう駅馬車に7人の客と保安官が乗り合わせる。男は脱獄囚のリンゴ(J・ウェイン)と銀行家、飲んだくれの医師、いわくつきの賭博師、酒のセールスマン。女は騎兵隊大尉の夫に会いに行くマロリー夫人と町を追い出された娼婦のダラス(クレア・トレバー)だ。リンゴが脱獄したのは自分の家族を殺したプラマー兄弟への敵討ちのためである。

 折しもアパッチ族が襲撃してくるとの情報がもたらされ、護衛の騎兵隊は馬車を離れるが、乗客は目的地を目指す。だが途中駅でマロリー夫人が夫の負傷を聞いて倒れる。妊娠中の彼女は産気づき、酔いどれ医師によって女の子を出産。赤ん坊を抱くダラスを見たリンゴは彼女に求婚し、ダラスは医師に助言を求める。まもなく馬車は出発し、アパッチの待ち伏せを受けるのだった……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る