「駅馬車」銃撃戦で味付けをした人間再生の痛快ドラマ

公開日: 更新日:

1939年 ジョン・フォード監督

 スカッと爽やかな映画を見たい――。こんなときにオススメなのが本作。ジョン・ウェインの代表作であり、西部劇の不朽の名作だ。

 19世紀終わり。アリゾナ州からニューメキシコ州ローズバーグに向かう駅馬車に7人の客と保安官が乗り合わせる。男は脱獄囚のリンゴ(J・ウェイン)と銀行家、飲んだくれの医師、いわくつきの賭博師、酒のセールスマン。女は騎兵隊大尉の夫に会いに行くマロリー夫人と町を追い出された娼婦のダラス(クレア・トレバー)だ。リンゴが脱獄したのは自分の家族を殺したプラマー兄弟への敵討ちのためである。

 折しもアパッチ族が襲撃してくるとの情報がもたらされ、護衛の騎兵隊は馬車を離れるが、乗客は目的地を目指す。だが途中駅でマロリー夫人が夫の負傷を聞いて倒れる。妊娠中の彼女は産気づき、酔いどれ医師によって女の子を出産。赤ん坊を抱くダラスを見たリンゴは彼女に求婚し、ダラスは医師に助言を求める。まもなく馬車は出発し、アパッチの待ち伏せを受けるのだった……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    チャリティーゴルフで社会貢献 人気絶頂女子プロの“本音”

もっと見る