平野悠
著者のコラム一覧
平野悠「ロフト」創業者

1944年8月10日、東京都生まれ。71年の「烏山ロフト」を皮切りに西荻、荻窪、下北沢、新宿にロフトをオープン。95年に世界初のトークライブ「ロフトプラスワン」を創設した。6月、ピースボート世界一周航海で経験した「身も心も焦がすような恋」(平野氏)を描いた「セルロイドの海」(世界書院)を刊行。作家デビューを果たした。

渋谷ロフトヘブンでコロナ感染者が…潰れることも覚悟した

公開日: 更新日:

 ロフトから感染者を出す前、東京では池袋などのエリアにあるライブハウスから感染者が出たらしい――という噂は聞いていた。

 渋谷のロフトヘブンで感染者が出てしまった後、ロフトプロジェクトの加藤梅造社長から深夜に電話が入り、再び私は眠れなくなった。

「有名脚本家の宮藤官九郎さんが、ライブハウスで新型コロナウイルスに感染したと公表しました。ライブハウスの名前は言いませんでしたが、ロフトヘブンでの出来事であると思うのでロフトとしては経緯と感染者が出たということを公表しました」

 マスコミは「またライブハウスから感染者が出た」と大騒ぎしている。

 ネットでも猛烈なバッシングにさらされた。

 誰がどう責任を取るのか? ロック的な責任の取り方とは何か? 私自身を問い詰めた。同時に「どこまで会社の赤字は膨らむのか? 腹をくくるしかない」という思いがよぎり、ロフトが潰れることも覚悟した。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  7. 7

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

  10. 10

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

もっと見る