井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

患者の安楽死を手伝う「殺人医師」恐ろしく理解不能な奴ら

公開日: 更新日:

 いやー、恐怖だ。非情がまかり通っている。何が彼女とはツイッターで知り合っただと? 何が安楽死サイトだ。何が嘱託殺人だ。ALS患者に頼まれたから薬殺したという狂った医師2人。こいつらのドタマの中はどうしてここまで壊れていたんだろうか。

 1人は厚労省の医療技官を辞めてから仙台の病院の勤務医だった42歳。悪党、いや悪魔だ。もう1人もSNSかサイトでつながっていた東京のくそったれ医者だ。難病患者を苦痛からの解放だと安楽死の幇助をし、先に130万円の報酬を振り込ませていたとは言語道断だ。これこそ人の苦しみにつけこんでというやつだ。ツイッターというSNS、こんなものはなくなってしまえと思う。こんな非情な社会にいたくない。

 この悪魔どもの匿名ブログにも絶句して気がめいった。「日々生きてることすら苦痛だという方には、一服盛るなり注射を一発してあげて、楽になってもらえばいい」と書いていたり、「扱いに困った高齢者を『枯らす』技術 誰も教えなかった、病院での枯らし方」という電子本まで書いて平然としてやがった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  3. 3

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  6. 6

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  7. 7

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  10. 10

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

もっと見る