二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

人気絶頂期の自殺の取材や報道の仕方ほど難しいものはない

公開日: 更新日:

 深く記憶に残る芸能人の自殺がある。1983年6月、俳優・沖雅也さんの京王プラザホテル47階からの飛び降り自殺(享年31)。「太陽にほえろ!」の刑事役で人気を博していた最中の自殺だった。さらに養父になっていた事務所社長・日景忠男に宛てた「おやじ、涅槃で待つ」の遺書の一部が明らかになり、沖の秘めた私生活がさらなる衝撃を与えた。世間も男と男の世界を知ることになり、新宿2丁目のゲイバー地区が注目されるきっかけになった。

 沖が自殺した年にアイドル歌手としてデビューしたのが岡田有希子だった。順調にアイドルとしての階段を上っていたはずが、1986年4月、所属していた芸能プロ「サンミュージック」のビルの屋上からやはり飛び降り自殺した。デビューからわずか3年、18歳の若さだった。

 人気絶頂期の自殺は意外な形を見せる。ドラマで父と娘の役で共演していた俳優の峰岸徹(享年65)との関係が自殺の一因との話が流れだした。40過ぎた家庭ある峰岸と2回り近く年の離れた岡田の不倫は常識的には考えられなかったが、岡田が「理想の男性」に峰岸の名前を挙げていたこともあり信憑性を増した。映像関係者からも「仲は良かった」という話ばかり。撮影所内の2人の写真も掲載されるなど峰岸の話は独り歩きした。ついには、自宅前で異例の会見に応じた峰岸は「自分は兄貴のつもりでしたが、彼女には別な感情があったかもしれない」と複雑な気持ちを明かすまでになった。いまだに自殺の真相は分かっていない。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  2. 2
    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

  3. 3
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  4. 4
    巨人阿部監督よ、バルドナードの抑えは無理がある…先発からの配置転換もひとつの手

    巨人阿部監督よ、バルドナードの抑えは無理がある…先発からの配置転換もひとつの手会員限定記事

  5. 5
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  1. 6
    明徳義塾・馬淵史郎監督が嘆く「今時の選手気質」…気になる2泊3日“高知遠征費”も大公開!

    明徳義塾・馬淵史郎監督が嘆く「今時の選手気質」…気になる2泊3日“高知遠征費”も大公開!

  2. 7
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 8
    「古畑任三郎」「暴れん坊将軍」「赤いシリーズ」…つまらない連ドラより名作再放送のススメ

    「古畑任三郎」「暴れん坊将軍」「赤いシリーズ」…つまらない連ドラより名作再放送のススメ

  4. 9
    ほんまダサいで維新…野党第1党獲得「正直難しい」と白旗、大阪万博も政治改革もグダグダ

    ほんまダサいで維新…野党第1党獲得「正直難しい」と白旗、大阪万博も政治改革もグダグダ

  5. 10
    植田日銀が「利上げ」めぐり板挟み腰砕け…余計なサプライズで円安加速

    植田日銀が「利上げ」めぐり板挟み腰砕け…余計なサプライズで円安加速