井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

鑑賞マナーで映画館は「罰ゲーム空間」になってしまった

公開日: 更新日:

 あーあ、情けないことばかりだ。アメリカほど地獄じゃないが、東京の新型コロナウイルス感染はまだ引かない。町に出る気もしないし、近くの飲み屋に入る気になれない。再開された映画館にも行く気がしない。楽しみが消えて困っている。館内で2時間以上もマスクをして座っていなきゃならないのなら、拷問もいいとこだ。

 再開された映画、ドラマの撮影現場もスタッフ、キャスト全員がマスクとシールドで作業し、5人以上、同じ画面フレームに写らないように撮るようにとか、冗談みたいな規則で撮影が始まったとか。我らの組なら、そんなことではとても仕事にならないが。

 複合型映画館(シネコン)はいつの頃からか、どこの興行会社が言い出したか(これも日本人の民度とやらか?)、まるで刑務所の服役囚が余興で見せられる時のような「鑑賞マナー」というか、クソな規則が出来上がってしまい、我らみたいな60年間も映画館に通ってきた者の反感を買っているのは確かだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  7. 7

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  8. 8

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

もっと見る