二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

公開日: 更新日:

 桜田淳子(62)が入信した「統一教会」は脱会した元信者らを中心とする反統一教会との間で訴訟問題に発展するなどしていた。

 桜田自身も所属する事務所社長に200万円の壺を売っていたことが判明。社長は「淳子の純粋な気持ちはわかっている。彼女のためと思って買った」と親心を示していたが、統一教会に対する世間の目は厳しいものだった。

 桜田の出身地・秋田の実家を何度となく取材した。市内から車で20分ほどの静かな住宅地。日本家屋の家だった。行くと決まって対応してくれたのが両親と一緒に住む兄だった。玄関先で丁重に答えてくれたが、「目を覚まして欲しい」「合同結婚式には参加しないで欲しい」と訴えるようだった。

 入信のきっかけは姉だった。同じ秋田市内に居を構える姉は熱心な信者だった。かつて桜田の父親は被害者父母の会に参加していたが、姉は戻るどころか、妹の淳子にも大きな影響を与えていた。

 アイドルとして人気絶頂の頃の19歳の時に淳子はすでに入信していた。姉にも取材を試みたが、門前払いの記憶しかない。

 親・兄の願いも届かず淳子は合同結婚式に参加。式後、秋田を訪ねると兄の表情は一変。「もう縁を切ったようなものです」と言い切り、肩を落とした。本来なら歌手仲間からも祝福のコメントが寄せられるものだが、淳子の結婚に関しては話す人は少なく、複雑な思いが伝わってきていた。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽