荒木経惟
著者のコラム一覧
荒木経惟写真家

1940年、東京生まれ。千葉大工学部卒。電通を経て、72年にフリーの写真家となる。国内外で多数の個展を開催。2008年、オーストリア政府から最高位の「科学・芸術勲章」を叙勲。写真集・著作は500冊以上。最新刊に傘寿記念の書籍「荒木経惟、写真に生きる。荒木経惟、写真に生きる。 (撮影・野村佐紀子)

<7>「電通だったら遊んでられる」大学の先輩の誘いで入社

公開日: 更新日:

 大学を卒業して、電通にカメラマンとして入ったんだ。「さっちん」で、「太陽賞」(第1回)をとったのは、電通に入ってすぐだね。スタジオの入り口で電話を受けたんだ。オレ、自信があったからさ、平凡社から電話をもらったときに「やっぱり」なんて言ってさ、向こうは驚いただろうね(笑い)。その頃、社会的なテーマとか、障害をテーマにしたものとかが多かったけど、なんでもない身近な日常のこともやらなくちゃダメだってわかっていたからね。こういう写真が候補作にあがっているって聞いたときに、あ、オレの勝ちだと思ったんだ。

 就職するときに、朝日新聞社の出版写真部から、来ないかって誘われたんだよ。オレ、一応、投稿写真の月例とかで、学生であんなヤツがいるって知られていたからね。でも、学生時代は好き勝手に撮って、どんどん投稿して、学費も稼いでいたけど、頼まれごとはやってないわけだよ。報道ってのは、たとえば恋人とイチャイチャしてたって何かあったら呼ばれるだろ(笑い)。大地震があったらすぐにヘリで飛んでいくとか、そういうのイヤだからさ、朝日はやめようと思ったんだ。そしたら、千葉大の1年先輩が電通にいて、「荒木、電通だったら遊んでられるぞ」って誘ってくれて、電通を受けたんだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  6. 6

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  7. 7

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  8. 8

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  9. 9

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

  10. 10

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

もっと見る