吉高由里子に芽生えたエースの自覚 恋も夜遊びもパッタリ

公開日: 更新日:

 吉高由里子(32)主演の日曜劇場「危険なビーナス」(TBS系)が11日にスタートした。あの「半沢直樹」の後継番組だけに、ヒロインを演じる吉高のプレッシャーは想像に難くないが、そこはマイペースで知られる吉高。放送前にワイドショーやバラエティー番組に番宣のために立て続けに出演したが、いつものひょうひょうとした表情とトークでドラマの魅力を語っていた。

「吉高さんといえば演技はピカイチなのに素の部分ではマイペースな“不思議ちゃん”というイメージが定着しており、今もその感覚で彼女を見ているファンは少なくない。番宣のインタビューなども一生懸命で、たどたどしい感じがあり好感が持てます。いつまでも若々しく新鮮味のある女優という印象です」(芸能ライター・弘世一紀氏)

 吉高は2014年にNHK朝ドラ「花子とアン」で主演を務め、その年の紅白歌合戦の紅組司会もこなし、名実ともに国民的女優となった。世間からの注目度も上がり、人目を避けるようになってもおかしくないのに、吉高は違う。交際相手との海外旅行現場やデート現場を何度も撮られ、友人男性と朝まで飲み明かして手をつないで歩いているところを撮られたこともあった。それでも、本人はさほど意に介す様子もなく、自由奔放にプライベートを楽しんでいる印象だった。そんな吉高だったが、最近では夜の街を飲み歩く姿を見かけることはなくなり、恋愛に関する噂もパッタリと聞こえなくなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい

  4. 4

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  5. 5

    内川聖一がソフトB退団を決意した工藤監督の“塩漬け”姿勢

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    バイデンは大丈夫か? 彼はいつも戦争判断を間違えてきた

  8. 8

    「鬼滅」実写化で民放争奪戦 なぜフジに権利付与されず?

  9. 9

    ホテルの嘆き…GoToキャンペーンで日本人の醜い姿が露わに

  10. 10

    小池都知事の噴飯コロナ対策 ドヤ顔「5つの小」に批判噴出

もっと見る