作曲家・筒美京平さん80歳で死去…“生涯収入”と謎の私生活

公開日: 更新日:

「また逢う日まで」「木綿のハンカチーフ」「魅せられて」など世代を超えて誰もが口ずさめる名曲の数々を世に送り出した作曲家の筒美京平(本名・渡辺栄吉)さんが今月7日、誤嚥性肺炎のため亡くなっていたことが明らかになった。享年80。かねて自宅で病気療養していたそうで、故人の遺志により葬儀はすでに近親者により執り行われたという。

 作曲作品の総売り上げ枚数は7500万枚以上で、日本の作曲家としては歴代1位。近藤真彦の「スニーカーぶる~す」や少年隊の「仮面舞踏会」、アニメ番組「サザエさん」の主題歌も筒美さんの作品と聞けば、その作風の幅広さに驚かされる。そこで下世話ながら気になるのはこれまでに稼いだ金額だ。

 作曲家にはCDの著作権印税、カラオケ印税などが発生する。筒美さんと同世代で「同格」の作詞家・故阿久悠さんの収入(高額納税者番付が最後に発表になった04年分は約2億3000万円)から推測すると、“生涯収入”は50億円は下らないはずだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

  2. 2
    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

  3. 3
    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

  4. 4
    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  5. 5
    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

もっと見る

  1. 6
    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

  2. 7
    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

  3. 8
    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

  4. 9
    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

  5. 10
    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い

    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い