作曲家・筒美京平さん80歳で死去…“生涯収入”と謎の私生活

公開日: 更新日:

「また逢う日まで」「木綿のハンカチーフ」「魅せられて」など世代を超えて誰もが口ずさめる名曲の数々を世に送り出した作曲家の筒美京平(本名・渡辺栄吉)さんが今月7日、誤嚥性肺炎のため亡くなっていたことが明らかになった。享年80。かねて自宅で病気療養していたそうで、故人の遺志により葬儀はすでに近親者により執り行われたという。

 作曲作品の総売り上げ枚数は7500万枚以上で、日本の作曲家としては歴代1位。近藤真彦の「スニーカーぶる~す」や少年隊の「仮面舞踏会」、アニメ番組「サザエさん」の主題歌も筒美さんの作品と聞けば、その作風の幅広さに驚かされる。そこで下世話ながら気になるのはこれまでに稼いだ金額だ。

 作曲家にはCDの著作権印税、カラオケ印税などが発生する。筒美さんと同世代で「同格」の作詞家・故阿久悠さんの収入(高額納税者番付が最後に発表になった04年分は約2億3000万円)から推測すると、“生涯収入”は50億円は下らないはずだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る