本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。近著に「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)がある。

天竺鼠の瀬下君に睨まれて…奇想天外“天竺ワールド”の原点

公開日: 更新日:

 私のNSCの授業初日は座学です。私なりの「芸人心得」のような話をするのですが、一番後ろに座ってずっとメンチを切って、講師の私を睨みつけていたのが天竺鼠の瀬下君でした。あの薩摩隼人の濃い顔だけでも圧が強いのに、当時は頭も剃りあげていて、正直「危ないヤツが来たな……」と思ったほど、初日から強烈なインパクトでした。後にこの話を瀬下君に聞くと「当時は講師にナメられたらあかんとマジで思ってました」と照れくさそうに言うので「なんで生徒をナメんねん!」「そうですよね」と大爆笑に。

 いざネタ見せの授業が始まると、“メンチ切ってるイカツい青年”とは思えない、わけのわからない“奇想天外なコント”を作るので、見た目とネタのギャップにさらなる衝撃を受けました。

 奇想天外な“天竺ワールド”の源は、相方の川原君。「こいつの方が危ないんちゃうか?」と思いましたが、ネタの感想を聞くと、彼なりの“川原理論”を持っていて、これはすぐには理解されないことを承知のうえでやっていると思い、私の世界観からは随分違いましたが「他の講師からは頭がおかしいんか? と言われるかもしれないけど、僕の授業ではとにかく好きなことをやり」と伝えました。後に「あの時、好きなことをやれと言われてほんまにありがたかったです」と感謝をされましたが、基本的に私の授業では若手がやっても意味のない下ネタや誰かを誹謗中傷するような内容のもの以外はなんでもOK。講師が考える“理想形”に当てはめるのではなく、自分たちがおもしろいと思っていることを自由にやってもらいます。そもそもお笑いに「正解」などありませんから、さまざまな形に挑戦してみて、自分たちで「形」を見つけ出すものだと思っています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    みやぞん、中岡が…日テレ看板番組「イッテQ」相次ぐ不祥事でいよいよ崖っぷち

    みやぞん、中岡が…日テレ看板番組「イッテQ」相次ぐ不祥事でいよいよ崖っぷち

  2. 2
    セレブ経営者4人が緊急事態宣言中に集団ワイセツ 六甲山の別荘でやりたい放題の一部始終

    セレブ経営者4人が緊急事態宣言中に集団ワイセツ 六甲山の別荘でやりたい放題の一部始終

  3. 3
    満島ひかり&多部未華子の女優としての「賞味期限」…キムタクvs二宮“子弟対決”の明暗分ける

    満島ひかり&多部未華子の女優としての「賞味期限」…キムタクvs二宮“子弟対決”の明暗分ける

  4. 4
    渋谷・道玄坂“日本最大級”のハプニングバーで行われていた酒池肉林の世界

    渋谷・道玄坂“日本最大級”のハプニングバーで行われていた酒池肉林の世界

  5. 5
    日本最大級のハプニングバー摘発に疑問の声が…どこが犯罪になったのか?

    日本最大級のハプニングバー摘発に疑問の声が…どこが犯罪になったのか?

もっと見る

  1. 6
    プーチン政権崩壊の兆し国内外で加速 南オセチア大統領選で親ロシア派現職が衝撃の敗北

    プーチン政権崩壊の兆し国内外で加速 南オセチア大統領選で親ロシア派現職が衝撃の敗北

  2. 7
    安達祐実“完全別居”の真相は? 元ステージママの有里さんを直撃すると…

    安達祐実“完全別居”の真相は? 元ステージママの有里さんを直撃すると…

  3. 8
    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

  4. 9
    エンゼルスのライバル球団がはじく「大谷翔平MVP効果」 観客動員苦戦で集客力を当てに

    エンゼルスのライバル球団がはじく「大谷翔平MVP効果」 観客動員苦戦で集客力を当てに

  5. 10
    島田紳助は芸能界に未練タラタラ? キッパリ引退した上岡龍太郎とは“彼我の差”

    島田紳助は芸能界に未練タラタラ? キッパリ引退した上岡龍太郎とは“彼我の差”