本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。近著に「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)がある。

天竺鼠の瀬下君に睨まれて…奇想天外“天竺ワールド”の原点

公開日: 更新日:

 私のNSCの授業初日は座学です。私なりの「芸人心得」のような話をするのですが、一番後ろに座ってずっとメンチを切って、講師の私を睨みつけていたのが天竺鼠の瀬下君でした。あの薩摩隼人の濃い顔だけでも圧が強いのに、当時は頭も剃りあげていて、正直「危ないヤツが来たな……」と思ったほど、初日から強烈なインパクトでした。後にこの話を瀬下君に聞くと「当時は講師にナメられたらあかんとマジで思ってました」と照れくさそうに言うので「なんで生徒をナメんねん!」「そうですよね」と大爆笑に。

 いざネタ見せの授業が始まると、“メンチ切ってるイカツい青年”とは思えない、わけのわからない“奇想天外なコント”を作るので、見た目とネタのギャップにさらなる衝撃を受けました。

 奇想天外な“天竺ワールド”の源は、相方の川原君。「こいつの方が危ないんちゃうか?」と思いましたが、ネタの感想を聞くと、彼なりの“川原理論”を持っていて、これはすぐには理解されないことを承知のうえでやっていると思い、私の世界観からは随分違いましたが「他の講師からは頭がおかしいんか? と言われるかもしれないけど、僕の授業ではとにかく好きなことをやり」と伝えました。後に「あの時、好きなことをやれと言われてほんまにありがたかったです」と感謝をされましたが、基本的に私の授業では若手がやっても意味のない下ネタや誰かを誹謗中傷するような内容のもの以外はなんでもOK。講師が考える“理想形”に当てはめるのではなく、自分たちがおもしろいと思っていることを自由にやってもらいます。そもそもお笑いに「正解」などありませんから、さまざまな形に挑戦してみて、自分たちで「形」を見つけ出すものだと思っています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  6. 6

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  7. 7

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

  10. 10

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

もっと見る