本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。近著に「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)がある。

銀シャリの直らない語尾“おまえ”問題 悪癖を直すために…

公開日: 更新日:

「M―1グランプリ2016」でチャンピオンになった銀シャリ。NSC卒業後にコンビを結成した2人は、お揃いの青いブレザーに赤ネクタイ、黒のパンツと見た目は“古典的”ですが、芸風は日々進歩を重ねています。

 結成以来、私はbaseよしもと(現・よしもと漫才劇場)で銀シャリを見てきましたが、ボケの鰻君は、セリフをかむ、忘れる、飛ばす、間違うの連続。そんな悪癖も補って余りある……“天然鰻”のキャラが魅力でもありました。入学当初、「本名か? 芸名か?」「本名です、全国でも数件しかないそうです」という会話で、「鰻」の名前は一発で覚えました。変わった名前は生まれ持った武器、中でも「鰻」はダントツにオイシイ名字で、悪癖も薄らいでしまうところがありました。

 とはいえ、このままでは“ライブだけでウケる芸人”になってしまうと思い、彼らと話し合い、ツッコミの橋本君に「鰻のセリフも全部覚えて、かんだり、忘れたりしたらとことんフォローして、それを笑いに変えていこう」という戦法にしました。つまり、今までは鰻君がセリフを忘れても、橋本君は鰻君が言うまで待っていましたが、そこを待たずにツッコんでいって笑いを取ろうというわけです。ところが、どんな状況でも橋本君のフォローがある安心感からか、鰻君はネタをかむことはあっても、忘れたり飛ばしたり間違えたりすることがほとんどなくなった。たとえ間違えても、それを逆手に取って笑いに変えてしまうことで、確実にランクアップしていきました。文字通り「ピンチをチャンスに変える」対策が功を奏しました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

  2. 2
    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

  3. 3
    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

  4. 4
    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  5. 5
    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

もっと見る

  1. 6
    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

  2. 7
    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

  3. 8
    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

  4. 9
    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

  5. 10
    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い

    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い