一雫ライオン
著者のコラム一覧
一雫ライオン作家

1973年、東京都生まれ。明治大学政治経済学部2部中退。俳優活動を経て、35歳のときに演劇ユニット「東京深夜舞台」結成を機に脚本家に転身。主な脚本作品に、映画「TAP 完全なる飼育」「サブイボマスク」、東野圭吾原作「パラレルワールド・ラブストーリー」など。2017年に家族愛を描いた「ダー・天使」(集英社)で小説家デビューし、翌年「スノーマン」出版。最新作は幻冬舎から出版予定。

忘れられない「馬鹿か天才しかいらねえんだよ!」の一言

公開日: 更新日:

「とりあえず書いた小説があるのだから出版社の応募に出してみたら」と青年にメールを送った。

「わたしはほとほとロクな人間でないので、作家になりたいというのなら、別のきちんとした方を探すのもいいかもよ」とも付け足した。が、青年は「これも縁ですから! なにかお言葉を!」と返信してくる。

「縁か」と宙を見上げる。縁は存在する。親も友も好きになる人も、仕事関係も今日コンビニでたばこを買ったときの店員さんもみんな縁だ。そして縁は思わぬ言葉をくれたりして、その後の人生でふと「サイン」をくれることがある。

 わたしは俳優を志し、10代から27歳までとある芸能プロダクションにお世話になっていた。このプロダクションの社長がはっきり言って天才だった。多くの俳優を輩出し、しかもそのプロデュース能力が半端ではなかった。ご迷惑になるといけないので名は伏せるが、とにかく個性個性個性、社長自身も個性の塊だった。背も大きく全身コムデギャルソンの黒ずくめの洋服。強烈お洒落。怒ったときの口癖は「てめえ馬鹿野郎この野郎馬鹿野郎!」であった。よく怒られたし、ときどき褒めてもらった。わたしが27歳のときあることがあり、生意気にも「納得がいかない」という思いに駆られ、悩んだ末、社長室へ行った。テーブルをはさみ対峙して座り、青くさい主張をするわたしに社長は言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

  2. 2

    再燃した「サクラ疑惑」は権力者同士の泥仕合なのか

  3. 3

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  4. 4

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  5. 5

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  6. 6

    ステージ4突入間近 感染爆発招いた大阪維新「3つの大罪」

  7. 7

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  8. 8

    二階氏の「春謳歌」続く 強靭化5年延長も菅首相が満額回答

  9. 9

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  10. 10

    テレ朝「七人の秘書」“闇の仕置き人”の最終決戦が見ものだ

もっと見る