てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年生まれのテレビっ子ライター。「芸能界」というビジネスは、いかにして始まったのか。貴重な証言を収録した「芸能界誕生」(新潮新書)。伝説の番組「アメリカ横断ウルトラクイズ」を基に描く青春群像ノンフィクションノベル「史上最大の木曜日 クイズっ子たちの青春記」(双葉社)。2つの最新著が絶賛発売中!

ハッピーなバカネタ もう中学生が目指すオモシロトラウマ

公開日: 更新日:

 吉本の養成所に入り、最初は漫才をやろうと思ったが、うまい人はたくさんいる。自分だけのものを考えなければと思っていたとき、薬局で段ボールの山積みを見つけ、「これだ!」と思った。養成所卒業後、4人組のお笑いユニットを組んだが、当時住んでいたアパートの大家さんがライブを見に来て「あなたのよさが消えちゃってる。ただ、売れたときに恨まれないために1年かけて脱退しなさい」とアドバイスを受けた(同前)。

 その助言どおり約1年後、ピン芸人に。07年には「自分を変えるためには、めっちゃ大変で、めっちゃ高い壁をつくるしかない」(ながのシティプロモーション「ナガラボ」15年4月24日)と、音や映像まで全て自分で作り上げた単独ライブを開催。翌年、正月の「さんまのまんま」(関西テレビ)に今田耕司のイチ押し芸人として出演し、ブレークを果たした。

「『なんだったんだあれ!』という“オモシロトラウマ”になるようなものができたらいいなと思っています。見た人の夢に出てきちゃうというくらいの基準」(同前)でネタを考えているというもう中。「ネタも、いつまでも『バカだよな』って言われるようなものをつくっていきたい」(同前)と語る。「2027年」も、きっと彼は「バカだよな」と言われるとにかくハッピーで訳の分からないネタをやり続けているだろう。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽