光浦靖子コラムに広がる共感 揺れるアラフィフ心理と矜持

公開日: 更新日:

<大好きです。頑張って><スッと胸に入ってきました>――。ネット上では、励ましのメッセージと好意的な意見が続く。文芸春秋11月号で「留学の話」と題したコラムを載せたタレントの光浦靖子(49)に対してだ。

 この内容が15日、文春オンラインで<「49歳になりまして」芸歴28年・もう一つの人生も回収したい>とのタイトルが付けられ、ネット上で公開されると、たちまち話題となり、テレビのワイドショー番組でも取り上げられるほどになった。

 コラムの内容は、光浦が4月から予定していたカナダ留学が新型コロナの影響で急きょ、取り止めになったことや、留学を決めた理由などをつづっているのだが、注目は自分自身を冷静に客観視する光浦の文章、表現力だろう。

<私は独身です。旦那も、子供も、彼氏もいません。わかりやすく私を必要としてくれる人が側にいません。年齢に比例して増えてゆく休み、そりゃ不安になりますよ。長い夜、思っちゃいますよ。「私は誰にも必要とされていない」と。>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  2. 2

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  3. 3

    大鹿理財局長の「何をもって虚偽とするか」発言に唖然呆然

  4. 4

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  5. 5

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  6. 6

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  7. 7

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  8. 8

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  9. 9

    東京五輪開催で「コロナに打ち勝つ」はつじつまが合わない

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る