本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。近著に「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)がある。

「ほな、いくよ・くるよ書いたって」と楽屋に連れて行かれ

公開日: 更新日:

 女性漫才コンビとして、一時代を築かれた今いくよ・くるよさん。初めてお会いしたのは1985年の春。NHKで放送された「浪速・笑いの仕掛人」という番組の中で、オール阪神巨人に付いている若手作家として出演し、同じ番組に出演していた吉本興業の大崎さん(現・会長)と偶然楽屋で会い「共演者や共演者や!」と声をかけていただいたのがきっかけでした。「阪神・巨人しか書かへんのん?」と聞かれ「どなたのでも書かせていただきます」と答えると「ほな、いくよ・くるよ書いたって」とそのままお2人の楽屋へ連れて行かれ「阪神・巨人書いてる本多君、いく・くるさんのも書きたい言うから書かせてみたってください」と紹介され、自己紹介もほどほどに「ほな内容は任せるさかい、とにかく1本書いてみて」と台本の発注をいただきました。

 当時のいくよ・くるよさんは人気絶頂。駆け出しの作家がいきなり楽屋を訪ね、お話をさせていただくことだけでも奇跡のような出来事でした。このチャンスを逃すまいと2~3日で10枚ほど原稿を書いて楽屋へお訪ねすると「読んでみよか」と台本の読み合わせが始まり、読み終えるとお2人で「ええやんか! すぐ使えるやんか(原稿料)いくら?」と聞かれ、当時もらっていたテレビの原稿料をお伝えすると「ほなとりあえずこれでかまへん?」と倍以上の原稿料をいただきました。それ以降、懐が寂しくなると依頼もされていないのにネタを書いては持って行き「頼んでへんで? なんか物入りかいな?」と笑いながら全部買い取ってくださり、我が家の家計もかなり助けていただきました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  3. 3

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  6. 6

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  10. 10

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

もっと見る