本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。近著に「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)がある。

オール阪神・巨人に学んだ計算通りにいかない笑いの緊張感

公開日: 更新日:

 長年、オール阪神巨人さんのネタを書かせていただいて、たくさんのことを学ばせていただきましたが、1987年の11月下旬、「なんば花月」の楽屋で起きた出来事を。

 年末年始は、漫才番組が現在とは比較にならないぐらいテレビ放送されていました。そのため売れっ子の漫才コンビは11月末からは年末年始特番の収録、劇場出番、営業、テレビの生放送と大忙し。そんな最中、大人気だった今いくよ・くるよのくるよさんが、喉を痛めて声が出なくなってしまいました。代役が他の人気芸人さんたちに割り振られ、私の担当する阪神巨人さんもすでに決まっていた10本近い番組と合わせ、14~15本(もっと多かったかもしれません)のネタ番組へ出演することに。

 どの番組でどのネタを披露するか打ち合わせをしていると、突然、巨人さんが「全部(ネタを)変えよ!」と言われたのです。番組ごと全て違うネタを披露するというのだから、相方の阪神さんも唖然として、私と顔を見合わせました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る